睡眠薬を服用して眠りのリズムを整えましょう。女性であればお肌にも影響が出ます。男性なら大切な会議の前にしっかりと睡眠をとることが大切です。日ごろのストレス発散、正しい食生活、適度な運動、それでもダメなら睡眠薬をオススメします!

睡眠薬に関する誤認とカフェインについて

カフェインは、ストレス軽減などで、大好きである、よくコーヒーなどをたくさん飲んでいる、そのような人を見かけるものです。

また、カフェインは、眠気覚ましとして、ドライブインなどに常備されているように、昔からカフェインをとるとストレスが緩和されたり、眠気をとってくれるものとして、重宝がされてきました。

しかし、一方で、カフェインは上記のように眠気をとってくれるものとして重宝される一方で、睡眠薬を飲んでいる方にとっては、カフェインはあまりお勧めできません。

よく、ストレス軽減のために、職場などでカフェイン、コーヒーなどをすすめてくれるケースがありますが、睡眠薬を服用している人がカフェインなどをとりすぎるとよくありません。

ストレス軽減の効果があるのだから、睡眠薬を飲んでいる人にもすすめてあげよう!と誤認されている方がおられますが、睡眠薬とは相性があまりよくないものなのです。

睡眠薬は気持ちの良い睡眠をもたらしてくれるため、心に病などをかかえた患者さんにとって、とても手助けになっているものです。

心に病がある、そう聞くと、親切な人や友人は、ストレスを軽減するためにと言って、コーヒーなどをすすめてくれますが、これが誤認なのです。

医療機関、心療内科や精神科でも、このような誤認のケースがあることを知っており、注意として、患者さんにすすめるケースもあります。

また書籍でも、話題となったとおり、睡眠薬を処方されている人は、過度にコーヒーなどを飲んでしまうことはよくないとされています。

これは、他にも理由があり、胃などが荒れてしまうケース、また眠気などをふきとばしてしまうケース、このようなケースが多々あるからなのです。